--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/25 (Thu) 小さいころの夢

小さい頃

忍者になりたかった。

忍者になることを夢みていた。

忍者はカッコイイ。

木から木へ飛び移ったり、屋根を走ったり、水の上を歩いたり。

とにかくカッコイイ。

さらに

しょせんは日陰の身である、という設定がしぶい。

チビッコのオレは日陰の身になりきって、人に見つからないよーに神社の裏で、手裏剣の練習を重ねていた。





日陰の身つながりでいえば、探偵にも憧れていた。

探偵になることを夢みていた。

探偵のいいとこは、日陰の身ではあるんだけど、忍者のように夜行性ではないとこがいい。

昼間も活動できるのは、チビッコには都合がいい。

チビッコのオレは、ノリのいい友達と二人で探偵チームを結成し、誰からの依頼もねーのに勝手にいろんなもんを調査していた。



探偵の持ち物といえば、まずは手帳。

それから変装用の帽子。

もしものときのために武器だっている。

オレたちは手ごろな大きさの石を3個くらいランドセルに常備していた。

でも、あるとき友達が

「石はすぐに投げられるよーにしといたほうがいい」

と言うんで、服の袖に入れかえた。




チビッコ探偵のおもな仕事は、尾行だ。

つーか、尾行オンリー。

尾行以外なにがあるのか、わかんねー。

まずは、近所で怪しい人物を探し出す。

たいてーの場合、カバンを持ったセールスマンがロックオンされる。

セールスマンにロックオンしたら、そこからはただひたすらコソコソとつけ回すのだ。

ガキにつきまとわれるセールスマン。

手帳がわりのジャポニカ学習帳を小脇にはさみ、変装用の赤白帽をまぶかにかぶり、袖に石を忍ばせた挙動不審なガキにつきまとわれるセールスマン。

考えただけで気の毒である。


もちろん、なんの事件も起こらないんで、探偵チームはすぐに解散だけどな。






それと、超能力者にも憧れていた。

魔法使いがよかった時期もあったが、小学校も高学年になると、ウソくせー魔法より超能力にリアリティーを感じてくる。

超能力は市民テーストだ。

スプーンを曲げたり、手を触れないで時計の針を回したり、ホウキで空を飛びまわる魔法に比べたらかなり地味でショボイことは否めないが、

この地味っぷりが、「おいおい。ひょっとしたらホンマモンか」という気持ちにターボをかける。

テレビでスプーン曲げを見たあと、もちろん、オレはソッコーで台所にダッシュした。

そして、ありったけの念をこめてスプーンをこすった。

「マガレ、マガレ、マガレマガレマれおんbぉじgsj・・・」

すると、なんと、オレのスプーンがちょっと曲がったんだ。


「母ちゃん!!母ちゃーーーん!!

こ、こ、こ、

これ見れやーっっっっ!!!(半狂乱)」




「うっすら!!

そんげ力いっぱいしたら、

曲がるに決まってるこてや!!!」


(↑バカねえ。そんなに力いっぱいやったら曲がるに決まってるでしょう、の意)


案の定、母に叱られた。

叱られながらも、これは超能力かもしれない、とオレは感じていた。

オレにはまだ、自分でも知らない力が眠っているんだ。

今はまだスプーン曲げレベルだけど、いずれはもっとすげーモノを曲げれるようになるかもしれない。

いやいや、もしそうなったとしてもだ、このことはまだ、みんなには秘密にしておこう。

うん。そうしよう。

もしここで超能力があるってバレたら、悪と戦うハメになってしまう。

バベル2世のコウイチになってしまう。

うん。自分が超能力者だということを、ここぞというときまで誰にも知らさないでおこう。

だけど

例えば学校が火事になったら、逃げまどうみんなを助けるために、自分の超能力の全てを出し切って助けるんだ。

ひょっとしたら、それで力尽きて死んでしまうかもしれない。

いや、それならいっそ、それでかまわない。

みんなが、オレの隠された能力に驚き、そして感謝してくれるなら・・・

決めた!!

母ちゃん。オレそーするよ!!



・・・なんか話がそれた。







スポンサーサイト

2007/10/04 (Thu) Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャル。
20071004220854.jpg







めちゃめちゃカワイー上戸彩にクリソツな女子高生が

オレの部屋にやってきて

スカートの裾を自分で少し持ち上げて

オレにそのきれいな脚を見せつけながら

「この脚に

Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャルを

かけてほしいの」


と言った。

おいおい。お譲ちゃん。

お譲ちゃん、病院送りになりてーのか??

自分が何言ってんのか分かってんのか??

しょーがねー。

そこまで言うなら、わかったよ。

でも、お譲ちゃんにだけには

痛くねーよーにかけてやるよ。

オレのあみだした

Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャル。







メチャメチャ綺麗な伊東美咲にクリソツなOLが

オレの部屋にやってきて

スカートの裾を自分で少し持ち上げて

オレのベッドの上に大胆にも寝っころがって

「お願いだから。この脚に

Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャルを

かけてほしいの」


と言った。

なになに、ネエサン。

ネエサンも、病院送りになりてーってのか??

ヘタしたら、タイガー&ドラゴンどころじゃねーってわかってて言ってんのか??

しょーがねー。

そこまで言うなら、わかったよ。

でもな、ネエサン。

あんたにも痛くねーよーにかけてやるよ。

オレのあみだした

Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャル。








メチャメチャ機嫌が悪い沢尻エリカが

廊下でオレに肩をあててきて

「ボケ!!沢尻会なめんなよ!!しめんぞ!!ゴラぁ!!」

と、ポッケに手つっこんだまま、ズボンを少しあげて

オレにその生意気な脚で

いきなり、

このオレにひざ蹴りかましてきやがったから

へいへい。エリカちゃん。

オメー、マジで病院送りにしてやんぞ??

演技派だって?知らねーよ。

オメーそこまで大物か??

オメーだけは

本気で痛いようにかけてやるよ。

悪態つかれて番組めちゃめちゃにされたスタッフの想いも込めて

おもいっきり絶叫悲鳴あげるほど

容赦なくかけてやるよ。

ひさびさに、マジにかけるぜ。

オレのあみだした

Fineギャラクティカアキレス腱固めスペシャル。










2007/09/05 (Wed) 嗚呼。それが本屋





本屋で同じ本を取ろうとして、ある女のコと手が触れ合う。

それはやがて恋へと発展する。

オレ好みの妄想だった。


FineDaysが、本屋で、出会ったー(ウルルン風

いつか自分の子供に話すとき、ママとの出会いの場所が本屋なら風格があるではないか。

そんな先のことまで視野に入れた計画的な高校生であった。




オレは本屋に立ち寄るたびに、期待に胸を膨らませていた。

つーか、出会いを求めて立ち寄っていた気がしないでもない。

夕方の紀伊国屋書店。

いつも人で溢れかえっていた。

オレは運命の人を意識しながら店内を練り歩いた。



運命の人と出会いてーな

運命の人に出会えるとしたら、どのコーナーだろ



小説コーナーは無難だけど、人が多すぎる。

これじゃ出会いの大安売りだ。

そーじゃねえんだよ。




ふと見ると、医療コーナーがほどほどに空いていて、しかも若い女率が高かったりする。

若い看護婦さんとの運命の出会い。

同じ本に手を伸ばし、触れ合う指と指。

うーーん、マンダム。

オレは一見フツーの高校生のようでいて、実は医療に興味があるシブイ高校生なのだ。

頭の中でイカサマプロフィールを作り上げる。




そして、本棚の前をしつこくうろついてみてハッキリ分かる。

偶然は偶然だから自然なんだ、と。

同時に同じ本なんか、相手が手を伸ばした瞬間を狙うしかムリなんだよ。

そしてそれは、タイミングを見誤れば、人の本を横取りするただのイヤな奴と思われる可能性まである。

いや。女のコの周りをうろうろしたあげく、女性が取ろうとした本にすかさず手を重ねるという行為は、どう考えても常軌を逸している。

ヘンタイ野郎と思われるのがオチだ。

それは心外である。

うん。

今日は、やめておくか。



そうして、オレの本屋作戦はいつも不発に終った。







だけど

本屋に行くと、今でも胸を膨らませる頭のユルイオレなんだw











2007/09/04 (Tue) はいぢのちーず
20070904233446.jpg







「ギャートルズの骨付き肉」

「ハイジのチーズ」


アニメ界のツートップだろう。

チビッコグルメのオレはすこぶる憧れていた。

オレのこの気持ち。おわかりだろーか??



ギャートルズの骨付き肉は、マンモスの肉だ。

子供ながらに、あれはムリっぽいな・・・ってあきらめていた。

なんせマンモスだからw



でもな

「ハイジのチーズ」

木の枝に突き刺したチーズ。

あれならいけんじゃねーか??



ハイジが、木の枝に突き刺したチーズを火に近づけると

ちょっと早くね?それ早すぎね??

ってスピードでとろけはじめるチーズ。

そのピカピカ光ったチーズを、パンにのせて食らうハイジに憧れてた。

いや、チビッコのオレは、はっきり言って、ハイジに嫉妬さえおぼえていた。






「あのチーズ、食ってみてえーーーー!!!!」







チビッコのオレは一度、ハイジのチーズを実行に移したことがある。

雪印「6Pチーズ」を割り箸に刺して、石油ストーブの火にかざしてみたんだ。

だけど、チーズがとろけるより先に、「割り箸に火がつく」アクシデントが発生。

さらに、テンパりながら、割り箸を振り回して消火活動してるっつーときに、

母が部屋に入ってくるっつーダブルアクシデントが起こったのだ。




母は怒るというより

オレの行動におびえていた。




そして、オレは多分、泣いたと思う。

その場にうずくまって、とめどなく泣いたと思う。


きっと

自分のふがいなさに。


そして

おびえてる母に、許しを請うために。


なによりも

割り箸を振り回して消火してるときに、どっかにすっ飛んでいったチーズをしのんで。



そして、ハイジを憎んで。





とろけるチーズがまだなかったころ。

YouTubeを見ながら、そんなこんなを思い出した夜ですw







2007/08/05 (Sun) はじめてのハイヒール
08050001.jpg

絵、久しぶりに描いたよーな。なんとなく絵から連想したはなしを、つらつらと・・・









となりのお姉さんが、ある日言った。

「さゆりちゃん。男はみんな、ハイヒールが好きなのよ」





だから、はじめてハイヒールを履いてみた。

マルキューで買った赤いハイヒール。

9センチのハイヒール。

鏡に映った自分を見てうっとりしたわ。

背が高くなって、脚が長くなって、スタイルが良くなって、今までのあたしがウソのよう。

これで、男はみんな、あたしのもの、って思ったの。

うひひひひ、って笑っちゃったわ。

そのくらい、鏡の中のあたしは至上最高にイケてたの。







それから、あたしはどこに行くにもこのハイヒールを履いて行ったの。

いつ、オダジョーみたいなかっこいい男とすれ違ってもトリコにできるように、どんなに足が痛くなっても、我慢して、いつもハイヒールを履いて行ったの。

用なんかなくたって関係ないわ。

ただあたしのハイヒール姿を見せつけたくて毎日出かけたの。

あたしの魅力で男を落とすために、超ミニスカで同じ道を、何回も、何回も行ったりきたりしたわ。

それなのに声をかけてくるのは、おじさんばっかり。

「おいしいもの食べにいこっか」じゃないわよ。

失礼しちゃうわ。

ねえ、オダジョーはどこにいるの???






そしたら、またある日、となりお姉さんが言った。

「さゆりちゃん。もうひとついいこと教えてあげよっか。

男はみんな、レースが大好きなのよ」


そっか!!そーなんだ!!

お姉さん、ありがとう。

ハイヒールとレース。これで、あたしの足元に男どもがひれ伏すのね。

もう、さゆり、これからレースの服にレースの下着しかつけないから!!

















「んだよ!?小学生かよ!!??」

と、オダジョー男がズボンを穿きながらわめいている。


もう世界中の男があたしのトリコになるのも時間の問題ね・・・

と、ラブホテルの天井を見ながらあたしはウットリしていた。











2007/07/30 (Mon) 神の休日
R0012703.jpg









明日はけっこう忙しそうだな。

仕事、手際よくやらなくちゃ。

あ!いけない!!

靖子にメールするの忘れてた。怒ってるかな・・・

カズヤ何してんのかな。声聞きたいな。

もう、電話くらいマメにしてくればいいのに・・・

明日は金曜日だっていうのに飲み会の誘いもないし、今週は土曜日も日曜日も予定ないんだよねえ。

やっぱ、週末くらいはカズヤと過ごしたいけど、ぜんぜん電話もないってことは、やっぱあっちはあっちで仕事が忙しくて、それで、あたしが誘っても「じゃあ会おうよ」ってならなかったときのがっかりする気持ちをどうしようか、って考えると、うーーん、ちょっとためらっちゃうな・・・

多分、その可能性大きいし。

なんかこのままフェードアウトしてっちゃったりして。

たしか今週末は天気いいんだよね。

何にも予定ないけど、土曜日は早起きして洗濯や掃除でもしようかな。

料理とか作って、観たかった映画借りてきて、たまにはひとりでゆっくり過ごすのもいいか・・・

って、あれ?、たしか先週もそう思ったんだよね。

でも、金曜日の夜にコンビニ弁当食べて、お菓子つまみながら深夜番組ボーっと見てたら、朝がきてもベッドから出れないで、次の日のお昼の12時に起きて、めちゃめちゃ落ち込んだんだよ。

またそうなる可能性あるなあ。

やっぱ、カズヤに電話しよーかな・・・・





はぁ。

みんなはあたしみたいなことをウジウジ考えないで、きっと楽しい週末なんだろうなあ・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なーんか、あたし、このまま歳をとっていっちゃうのかなあ。

あたし、このままでいいのかなあ・・・


あたし、このままでいいのかなあ・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。









「ねえ、チャンタってば。いるんでしょ??」








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








「ねえったらー!!さっさと出てきなさいよっ!!」









「ったく、うるせーな。

なに自分のダメっぷりに追い討ちかけて落ち込んでるのよ。

てか、お前ね、”さっさと出てきなさいよ”っつーのはねえんじゃねえの?

わかってる??

オレ、神よ??」



「ぐだぐだ言ってんじゃないわよ。

チャンタはあたしの神でしょ。

ご主人様が出てきてって言ってるのよ。

文句あんの!?」



「お前さ、前から言おうと思ってたんだけど、神にはちゃんと、様をつけろよ、神様って。

なんで自分だけ、「ご主人様」って様つきなんだよ。

おかしくね??

お前、はっきり言って、オレを敬う気持ちがねえよね??」



「そんな小さいことグチグチどーでもいいのよ。

そんな心の小さい神じゃみんなに嫌われるわよ。

それよりさ、もっともっと楽しい週末にしたいの!!

週末だったらデートするとかさ、新しい出会いがあるとかさ。

そーゆーのカムカムエブリバディなの。

どうすればもっとウキウキな週末になるか教えなさいよ!!」




「しるか、んなこと。

じゃあ、カズヤに電話でもしろよ。

カレシなんだろ。連絡とればいいじゃん。

デートでもすりゃいいんじゃねーの?」




「そんなのわかってるわよ!!!」



















「じゃあそうしろやーー!!!!!!!!!!」







今日は冷たいチャンタでした。

神の休日。


ここまで書いて長くなりそうなんでやめたのはナイショの線でww





2007/07/23 (Mon) 運送業レボリューション♪
neko1.jpg






会社に納品にきた佐川のアンちゃんが車を降りてダッシュする

佐川は車から降りたら歩いちゃいけないらしい

腿を上げろ!!

もっと腕を振れ!!

バカヤローがっ!!

かかとを地面につけるんじゃねえ!!

何度言ったらわかるんだっ!!


ビリーに入隊して、毎晩、「お前ならできるぜ!!」なんて励まされてるあなた。

佐川に入隊したほうが、お金がもらえた上ダイエットもできて一挙両得かもよ・・・などと思う今日このごろ
みなさん、ハツラツぅ??





田舎の友達が運送業のドライバーをやってる

給料は結構いいらしい

やっぱこのご時勢、運送業は儲かる

北海道で発送した荷物が、明後日には沖縄だ

そうやって便利になるほど、地球はどんどん小さくなっていく




思うんだけど

運送業って、ガソリン代と人件費がすべてみたいなもんだから

そこのコストを削ったらもっと儲かるよね




でさ

いっそのこと、人も車も使わないでネコに運ばせるってのはどうよ?

ネコ便!!

リアルくろねこヤマト!!

やべえ!!

やべえよ!!

人件費もガソリン代もかかんねえよ!!

エサ代しか、かかんねえよ!!!

ザックザク儲かんぞ!!!!

ソッコーでネコ御殿建つぞ!!!



ただちょっと、唯一の問題は

ネコだけに、確実にブツが先方に届くかどうかっつうのが心配だな

まあ、そのへんも味っちゃあ、味だけどなw



まあ、でもどうしても

「そんなこといわないで確実にお願いしますよぉ」

って客には別料金で、ネコに人も一緒に付き添わせるか



「何日かかってんだよ!!もっと急いでよぉ!!」

って客にはネコをバイクの荷台に乗っけて運ばせればいいしね



生モノは、ネコが冷凍便に乗り込んで鮮度を保つ、クールネコ便もやろっと♪

でもいくらなんでも鮮魚カンケーは危険かあ

お魚くわえたドラネコ、追いかけて~♪になっちゃうか

つーか、その前に、ネコまで凍っちゃうか??

うーーん・・・



いや。もうちょいだ

もうちょいひねれば、ネコ便で大もうけできるはず・・・

でも、ネコってさ

あいつらガッツゼロなんだよな・・・

やる気が感じられないっつうか・・・



やっぱ、魔女の子供でいく??

人件費を、お菓子とか、アメちゃんで、お茶濁してさ

乗り物ホウキだから、こっちもガソリン代いらねえよ

ジブリからクレームつくかな?




あ。だったら魔女のネコでいく??

あーーーもう。なんでもいいや



今、これを見てる、あなた

オレと一緒に、運送業に革命を起こそーぜ

出資者、熱烈募集中☆




2007/07/22 (Sun) MM部
96454036.jpg









問1
街を歩くとついつい眼鏡をかけた女性に目がいってしまう。


Yes



問2
街を歩くとついつい眼鏡をかけた女性の眼鏡に目がいってしまう。


Yes



問3
むしろ眼鏡しか見てねぇ。


Yes



問4
あんじぇらアキの眼鏡は萌えないが、時東あみの眼鏡は萌える。

Yes




問5
トミーふぇぶらりの眼鏡はさらに萌える。


Yes



問6
あの娘が眼鏡をしてくれたら、ハアハアしすぎて倒れちゃうのになぁ、って人を二人あげなさい。


滝川クリステル

ベッキー




問7
眼鏡が似合うコのスタイルを述べなさい。


黒髪ロングだけど前髪パッツンで、体型細め、おっぱい小さめ。

グレーのパーカでデニムのショートパンツだともうヤバイ。

その上、鼻に絆創膏してたら萌え死ぬ。




問8
眼鏡が似合うコの好きなしぐさを述べなさい。


電車の中で小説を閉じて、髪をかきあげ、眼鏡を外すとき。

ことが終ったあと。めがね、めがね、という昭和のギャグをかますとき。

眼鏡をしてないときに、エア眼鏡をしたとき。
(眼鏡がないのに眼鏡を上げるしぐさ)




問9
コンタクトレンズは世界を滅ぼす


Yes



問10
メガネじゃねぇ!!眼鏡だ!!!


Yes









・・・・よし。合格だ。

入部を認めよう。

ようこそ我が「眼鏡萌え部」へ!!!

ボクが部長の田中だ。

君はなかなか眼鏡ッコのセンスがいいようだけど、経験者かな?

やっぱりそうか。うん。なかなかいい筋してるよ。

じゃあ。さっそく明日から部活出てもらえる??






2007/07/09 (Mon) 小学生日記
IMG_1151.jpg

                            ↑まさる君




日曜日わ、まさる君たちと野球をしました。

相手チームは、前にも試合をしたことがある強いチームでした。

試合の途中で、たかし君がピッチャーをやりたいってダダをこねたので
最終回だけ交代しました。

たかし君はマウンドの上でニコニコうれしそうでした。

ああ、いいことしたなあ、とボクは思いました。

そのとき、ボクたちのチームは1点差で勝っていました。

だけど、たかし君はファアボールを連発して試合をぶちこわしてしまいました。

マウンドの上で、たかし君はまっ赤な顔で泣きだしそうでした。

みんなで、泣きだしそうなたかし君を

「死ね!ボケ!!埋めるぞ!!」

と精一杯、励ましてあげました。

チームワークっていいなあ、って思いました。




野球が終わって、それから、まさる君たちと運動公園に遊びに行きました。

金曜日の夜もここの体育館でバスケットをして遊びました。

ハダカになっていたら、おぢさんに怒られたけど、とってもおもしろかったです。

でも昨日はバスケットぢゃありませんでした。

お外のプールが始まったので、みんなで遊びに行きました。

でも天気がくもりだったのでちょっと寒かったです。

いつも夏になると、お外のプールには若いおねえさんたちがたくさんいます。

ボクは、おねえさんがたくさんいると、なぜか胸がキュンキュンします。

でも昨日はくもりだったので、おねえさんたちが少なかったです。

そしたら、まさる君が

「けっ!オンナ少なっ!!やっぱ、オレ、あっち行くわ」

と、ジムに行くと言いだしました。

みんながボクの知らないはなしをしていたので

「なんか寒いし、オレも中に入るわ」

と、ボクもまさる君と一緒にジムに行きました。






IMG_1144.jpg




ジムはインストラクタのおねえさんと、ムキムキのお兄さんが仲良くおしゃべりしてました。

おねえさんは仕事そっちのけでムキムキ兄さんと、ずーっと、おしゃべりしてました。

「あいつら、できてんな」

と、まさる君が言いました。

そっちを見ると、ムキムキお兄さんが

「消しゴムちょーだいよ!消しゴムちょーだいよ!!」

と、言っていました。

おねえさんは、なぜかその言葉が芯食って

ヒックヒック笑いながら

「なんでガマンできないの!?」

と言っていました。

なんのはなしか全然わかりませんでした。

でも、ちょっとエッチっぽいなあ、と思いました。

できてるのかなあ、そうかもなあ、と思いました。

でもボクはそれよりも

鏡の前でバレエみたいな動きをしているおねえさんが
すっごいグネグネしてるのが気になってしょうがありませんでした。

それから、しばらくジムで遊んで、血圧と体重をはかって、ジュースを買ってプールに戻りました。



それから、みんなで網野さんをポリポリ食べました。

網野さんはすごいです。

網野さんはとってもすごいんです。

網野さんを食べると、野球とかバスケットをしても、次の日にからだが痛くならないです。

金曜日から食べっぱなしです。

それから、みんなはお酒を飲みにいきました。

ボクは行きませんでした。

「オレ、明日、健康診断だからやめとくわ。徹マン明けで眠てえし」

と言って家に帰りました。

それから家に帰って、眠くなったので十時に寝ました。

おしまい。




IMG_1170.jpg

いや、網野さんはマジですげえ効くよ☆



2007/06/21 (Thu) 業界では取扱説明書をトリセツという
20070621232150.jpg

江ノ島にいたネコ







アメリカで

洗ったネコを、電子レンジで乾かそうとしたら、猫が爆発しちゃって

そんでネコを爆発させたオバハンが電子レンジのメーカを相手に裁判を起こしたら、なんと、勝っちゃった。

そんでそれから、電子レンジには

「ネコを乾かさないでください」

との注意書きがつけられるようになったとか・・・








「部長!!!大変です。またユーザからクレームです!!!」

「んだよ。ネコは、ちゃんと注意書きをつけたはずだろ!?」

「それが、今度は犬なんですが」

「バカタレが!!!

ネコときたら、次に犬が来るのはあたりまえだろーが!!

んーもう、どしてちゃんと

「犬を乾かさないでください」

って一緒に書いておかないんだよっ!!スットコがっ!!」


「す、す、すみません」

「ったく。

ネコも

犬も

鳥も

サルも

イルカも

象も

ちゃんと書いとけよ!!」


「象もですか・・・」

「いいから!!ユーザってのは、何をしでかすかわかんねえから」

「ああ・・・はい・・・そうっすね」








「部長!!大変っす。またクレームです!!!」

「なにい!? 今度は何の動物だ??」

「いや、動物じゃなくて、電子レンジを踏み台に使っていたら壊れて足をケガしたとか・・・」

「何で電子レンジを踏み台にして使ってんだよっ!! 

えーい、もう、しょうがねえから

どんなとんでもないことでもいいから

とりあえず思いつくことは、すべて取扱説明書に書いとけっ!!」


「ラジャっす!!」





・水の中で使用しないでください

・食べられません

・枕ではありません

・サンドバッグの代わりにしないでください

・暖房には使えません

・コードを持って振り回さないでください

・中で子供を遊ばせないでください

・ドアにチンコをはさまないよう注意してください

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・。






「とりあえず書いときましたけど・・・取扱説明書、なんか広辞苑より分厚くなっちゃいましたよ。5キロはありそうですねえ」

「この際、仕方ねえだろ」









「ぶっちょーーー!!ぶっちょーーー!!大変っす。
またまたクレーム発生っす!!!」


「なんだとぉーー!!あんだけ書いてんのに、一体なんだ??」

「それが、棚の上に置いといた取扱説明書を取ろうとしたら、落ちてきて、頭をケガをしたとか・・・」










「この取扱説明書を高いところには置かないでください」







なんか落語系のオチになっちゃったよw










【コメント 嬉しい♪楽しい♪大好き♪】

コメントするとタヒチ旅行が当たる!!!    かもよ・・・

【ばついち。だっけなんだや】

FineDays

Author:FineDays
プロフィール写真を変えてみた。
女豹のポーズの写真とどっちにしようか悩んだけどな。
思いきり背中そらせた上目使いのやつ。
でもやっぱ、まだ処女性をアピールしたい年頃じゃん?
「美尻伝説」打ち立てんのはまだ先でいいかなあって。
もうちょい清純派路線つらぬくわ。
でもなそうは言ってもな
アンアンの「SEXで綺麗になれる」特集とか見て来る日に備えてっから☆

【カウンター跳ね上がれ!マッハで♪】

【かてごり】

【激鬱を治癒する物語たち】

【リンク 行ってみれ】

あの娘のもとに                               飛びますっ!飛びますっ! 

このブログをリンクに追加する

【トラバってるかーい!ぃえーい!】

【月別アーカイブ て意味わからん】

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。