--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/29 (Wed) ヨッタイキオイノフリ
20070829234159.jpg

れーんれん酔ってねってば・・・







酔っ払った声で真夜中に電話がかかる。

「今すぐ会いてえんだけど」とわがままを言われる。

そんなこと言わないはずの男なのにどうしたんだろ???

と、まともに首をかしげるコがいたら、教えてあげよう。






ひとつ

「そんなこと言わないはずの男」は酔っ払っても、まずそんなこと言わねーかんね。

正気で考えてる。

何度も迷ったあげくに電話をしている。

酔ったフリをしてまで会いたいと切羽つまっている。






ひとつ

男は心の中で賭けをしている。

きっと会ってくれる。

会ってくれなかったとしても「どーしたの??」って心配してくれる。

「あら、意外に弱いとこもあるのね」などと思ってくれる。






ひとつ

男は、自分の妄想が止まらなくなって、ケータイを鳴らしている。

今夜、自分の妄想通りの展開じゃなくっても、酔っ払ってたという大義名分がある。

明日、エヘヘヘへと笑って「ゴメン」といえばチャラになる。

負けのない賭け。

モンモンとしている自分へのいいわけ。







そして

シラフで素直に言わないのは、相手に「重たい」って思わせないため。

始まってもねーのに、もう会えなくなるほどの大きな勝負は、まだしたくねえんだよ。




きっと、そうなんじゃねーかとw






スポンサーサイト

2007/08/28 (Tue) しっだうん、じじい
20070828215337.jpg









オレがじいさんになって、電車の中で若者に席を譲られるようなことがあったとしたら、そのときは大袈裟にお礼を言って喜んで座りてーな。

オレを年寄り扱いすんなっつの!!

心の中でそう思っていたとしても、譲られたときは絶対座りたいと思う。




人で溢れかえる東京。

いろんな地方からたくさんの人がやってきて暮らしているこの街で、若モンが知らないじいさんに「どうぞ」と声をかけてくれたんだ。

自分の意地とかプライドとかそんなあれは横に置いて「さんきう、助かったわあ」と腰をおろすのは礼儀のような気がする。







なんて思ったのは

今日、地下鉄の中で、ひとりの女のコが、じいさんに席を譲ったのを目撃したからだ。

混んだ車内で大学生くらいの女のコは、恥ずかしそうに小さな声で

「どうぞ・・・」

と言ってじいさんに席を譲った。

すると、じいさん、

「ひと駅だからかまわないでください」

みたいなことを言い、女のコが譲った席に座らなかった。

その席はポツンと空いたままだった。




うん。あるよねこんなこと。

女のコが恥ずかしそうに、でも勇気を出して言ったから尚更強く思ったのかもしれないけど・・・



ひと駅だから大丈夫って言ったじいさんの謙虚な気持ちもわかるよ。

うん。わかる。

でもさ、それって自分の気持ちだろ。

だけどこのコはさ、自分じゃなくって人のために勇気だして動いたんだからさ、それを汲み取ってあげればいいのに。

「ありがとねw」って座ることで、このコは、また誰かに席を譲ろうと思うかもしれないじゃん。

今度は妊婦さんに「どうぞ」と言うかもしれないじゃん。

いや、100ぱーそう思うと思うぞ。

そーやって地球は回ってるんじゃん。



今回のことで

「また断られるかもしれないし、もういっか・・・」

と、この先、このコが思わないように、大人がちゃんとお礼を言わねえとダメなんだよ。

だからオレはじいさんになったらそうするんだ。





そんなことを思いながら地下鉄に揺られていた。





オレに席を譲る未来の女のコへ

さんきう☆








2007/08/27 (Mon) 帰省と母と写真と・・・
070814_1116~01.jpg

盆に帰省したとき撮った実家の近く。







写真の整理をしなくなったのはいつからだろ?

昔は写真好きで旅行とか行くたびにアルバムをマメに作ってたりしたけど、今じゃ輪ゴムでひとまとめにして箱に入れてあるだけ。

自分自身が思い出を振り返るためだけの写真なら別にアルバムじゃなくって輪ゴムでも・・・・て感じになっちゃったんかな。




うちの母はアルバムの整理が大好きである。

つーか、これはもう性格だな。

アルバムにマジックでタイトルと日付なんぞ書いてきちんとしまってあったりする。




オレは新潟を離れて、もう長いこと東京でひとり暮らし。

ほんとは東京じゃないけど、気にすんな。新潟から見たら横浜だろーと浦和だろーと、だいたい東京だからさ。

もうこっち来て20年以上だから東京ライフにもすっかり慣れているわけだけど、にもかかわらず、オレは盆と正月は必ず里帰りしてる。

なぜかというと、親が喜ぶからである。

親父も嬉しそうだけど、表現が素直な母はいつも大はしゃぎすっから。

オレの顔を見るくれーでこんなに喜んでくれる人間がいるうちは、やっぱ期待にこたえねーとな。

うん。そう思う。






実家に帰ったその夜に必ずあるのが、写真タイムだ。

親父が「オレ、もう寝るわ」と寝室に行くと、母は待ってましたとばかりに

「写真見る??」

とオレに聞いてくる。

母はお茶とお菓子をテーブルに用意して、オレは酒を飲みながら、母の説明付きでアルバムを見る儀式のよーなひととき。




母の写真には大きく二つの特徴がある。

そのひとつが「悪ふざけしない」ってこと。

若いコたちがわざと変な顔して写真を撮るような発想は、尋常小学校卒の母にはまずない。

やってピース。

ダブルピースが精一杯。

旅先じゃほとんどが、ほどよくにこやかに笑って立ってるだけだから。




さらにもういっこの特徴は、外で写した写真は風景がメインということ。

もちろん、風景がメインなのは別にいいんだけど。

ただ「人物も一緒に入れたい」っつうおばちゃん根性のせいで、風景の中にものすげー小さく人物が入ってたりすっから。

「さ、みんな撮るよー」

と言いながら、あの橋も入れたい、あの山も、あの空も、などと、どんどん後ろにさがって、結局人物はミクロ・・・・

表情どころか、じっくり見ねーとオレなんか誰が誰だかわかんねえ構図になってっから。

誰だかわかんねえなら、いっそのこと人物いらねーだろ、と言うと

母いわく

「着てる服でわかる」

ということである。






そんな母の写真を見ながら帰省の夜はふけていく。

アルバムのページをめくるたびに母のガイドが入り、それをうんうんと、飲みながら聞いてるときのオレは、足裏マッサージをされているときよりもリラックスしている気がする。

こんなとき、オレは母が少し羨ましい。

年老いたときに、自分の写真をながながと見てくれるよーな人がオレにはいないかもしれないからだ。

まあ、それはそれで仕方ないんだけどな。



オレのとなりで楽しそうにしてる母を見ると

多少のせつなさは湧いてきたりする。










2007/08/26 (Sun) 空桶ないと
20070826212227.jpg

プールで飲んだくれ、由比ガ浜(リトルタイランド↑)で飲んだくれ、カラオケへ
・・・・・・世捨て人バンザイ






今日、カラオケに行った。

「しばりカラオケ」をしよーということになった。

亀甲縛りで唄う・・・・わけではない。

唄う曲に、あるひとつのルールを決めるのです。




最初のしばりは

「ここにいるみんなが知らなくて、自分だけが知ってると思う曲」



ヒット曲とかじゃなくて、たとえば、自分が好きだった歌手のアルバムの中に入ってる曲なんかを選んで唄う。

もしくは、すげー昔の曲とか。

誰かひとりでも知っていたらアウト。



さて、なんにしよー??

ふつーカラオケ行って、誰も知らないような曲を唄うと場がシラけるんで避けるけど、なのに今回は、あえて知らない曲を唄うのである。

探すとこれがけっこー悩ましい。

当然だけどカラオケに入ってる曲から選ぶからね。

レアだけど、カラオケには入ってる曲。

悩んだ結果、

山下久美子の「バスルームから愛をこめて」というのを唄うことにした。

男なんてシャボン玉、きつく抱いたらこわれて消えた~♪という、かわいらしい曲。

キャラじゃねーけど背に腹は変えられない。

アルバムの一曲だし、多分誰も知らねーだろ。

オレが唄いはじめると、みんな

「知らねー!!」

でも、ひとりが

「知ってるーーー!!」

ああ。アウト・・・



他のみんなも苦心して曲を探して唄ってた。

すぐに解散したバンドの曲とか

生まれる前のすっげえ古い曲とか(なんで知ってんの??


今まで人前で唄うことがなかった曲を堂々と唄うのは、オレもだけど、みんなもなんだか嬉しそーだった。

オレはオンチなんで人前で唄うのはちょっとはずかしいんだけど、楽しかったわ。




しばりカラオケはそのあとも続いた。

「合コンで唄う勝負曲」

とか

「はじめて自分で買った曲」などなど。



みんなの知らない一面を垣間見た、そんなしばりカラオケの夜なのでした。





あなたの十八番は何ですか??





2007/08/23 (Thu) チーム千趣会
20070823225406.jpg






会社の女のコが言った。

今日、ちょっと叱られてたから

どうした?

って、言ったら、こう言った。





「あたしのミスじゃなくても

あたしじゃない、とは言えない」


と。




「本当はあたしじゃないと言いたいけれど

言っても仕方ないです」


と。





「だって、部長に気にいられたところで

あたしたちには出世なんてないですから」






「同僚とうまくやることの方が、大切ですもん!!」






チーム千趣会の結束は固い。






「じゃーん。千趣会、届いたよー」


「わーい」


「杉ちゃん、下着セットだよねー」


「かわいー!!」


「あたしのアロマ。今月ラベンダーだ」


「あたしのお菓子の本。今月、和菓子ー」








オレは知っている。

仕事をしてると思ってる女子社員たちが

そのとき実は、

収納グッズを選んでいることを。

勝負下着を物色していることを。





おまえら、千趣会で買い物しすぎだっつのww




2007/08/22 (Wed) 御返還


高校は弁当持ちだった。





と書き出して





「こうこう」とキーを打ったら

「高校」じゃなくて

まず「口腔」と変換された。

「口腔」なんて、一生使わなそーな言葉。






「こうこう」で「口腔」っていうんならさ

「こうがい」ってキーを打ったとき

最初に「公害」とかじゃなくって

「口蓋」と出るくらいの心構えでいてもらいたい。






「恋う工事代」ってなに。

「高校時代」出てこいや。

恋の工事って、あなたね、

なに勝手に詞的な変換してるわけ!?






他にもイライラ変換はあるけど

多すぎて思い出せない。

だから今日はおしまい。

らしいよ














2007/08/21 (Tue) ドウセイ
20070821222959.jpg










夜の駅。

改札を出て、ふたり。

家までの夜道を歩き出したときの

なんの迷いもない感じが心地いい。






交差点。

あの信号がこのまま青なら渡る。

でも、赤に変わってしまったら

待たずに次の信号まで進もう。






いつものこと。

いつもの道。

だからわざわざ言葉で確認しあったりしない。

そっと身体をぶつけるだけ。






「ちょっとローソン」

どっちかがそう言えば

自然とローソンの道順へ。

タイミングよく手をつないだり、離れたり。






誰もいない部屋に向かって

ふたりで言う「ただいま」は

アタリマエへの感謝の気持ち。

なにもかもが静かに馴染んで。












なんちて。

同棲、ひとコマ、妄想、爆発!!ww







2007/08/21 (Tue) ぷっしゅざすいっち
20070821011516.jpg









そのスイッチを押すと

部屋を明るくすることができる




そのスイッチを押すと

そのうちバスがやってくる




そのスイッチを押すと

安心して経費を請求できる




そのスイッチを押すと

頭にタライが降ってくる




そのスイッチを押すと

案外、納得できたりする




そのスイッチを押すと

お百度を踏んだ分の効果がある




そのスイッチを押すと

明日の予定がなくなる




そのスイッチを押すと

秘密だったことがバカバカしくなる




そのスイッチを押すと

ブラのホックをはずすことができる



らしいよ









2007/08/20 (Mon) LOVE
20070819231413.jpg





今、大阪から帰った。

灼熱の甲子園。

本当に、暑くて灼熱だった。

チビッコのころから高校野球のがむしゃらで刹那的なところが大好きだった。

一発勝負の奇跡。

憧れてた。

チビッコのころは背伸びして高校球児のマネをしてた。

今でも高校野球を観ると、たまらなく野球がしたくなる。

特訓とかしたくなる。



だから高校球児は今でも年上だ。

おっさんになったけど、それでも高校球児をみるとき、高校球児は年上だ。

憧れていたあのころにかえる。

この感覚はオレだけなんだろうか。





残念ながら母校は昨日、三回戦で負けちゃったけど。

久々に燃えた。

声が枯れた。




今日の準々決勝。

帝京-佐賀北

ファインプレーの連続。

鳥肌がたった。

延長戦、最後のサヨナラのシーンでは甲子園が揺れた。

さんざんピンチをしのいで、ワンチャンスをものにしての佐賀北の勝利。

あきらめない。

何も言うことはない。

ちょっと涙が出た。

歓声で甲子園が揺れた。

感動した。

この試合を現場で見れてよかった。

感動をありがとう。

本当にありがとう。




例えば

愛されたいと望むなら

真剣に愛することだ。

愚かでも

ぶざまでも

とにかく手を差し伸べ続けることだ。

きっとそういうことなんだよ。







2007/08/18 (Sat) 嗚呼、それが青春w








うそーーん。

せっかく二人っきりになれたのに。

やっと合コンから二人きりで抜け出すところまで辿り着けたのに。





なんで。

どうして。

二人きりじゃなかったときのほうが断然、話が弾んでたんじゃね?

さっきまで大勢でいたときのほうが、全然、はなし盛り上がってたんじゃね?





あ、いけね。しまった。

並ぶときは女性の左側に座れってなんかの本に書いてあった。

ちっ。今更、席、かわれねー。

どうしよ。

どうしよ。

あれ?でも、それってなんで左側なんだろ??

いやいや、そんなこと考えてる場合じゃねえ。

5秒以上、沈黙を作ると

「カレとはイマイチあわないかも」

って、思われちまう。

えーと。話題、話題。

えーと。

えーと。



やべ。10秒経過。

こんなんじゃ、女性慣れしてないってばれちまうよ。

彼女いない歴18年だってばれちまうよ。

ひょっとして大学生にもなってまだなの?って思われちまうよ。





もうちょい健康ネタ続けよっかな。

唯一、話が続いたネタだからな。

もうちょいその線で押すか。

だけどさ、体脂肪率とか、視力回復とか、γーGTPとかって言葉が飛び交って、ロマンティックとはほど遠い感じなんだよな。

これじゃ、円山町は百万キロの彼方って感じ。

まあ、円山町行ったとこで、何もできねーだろオレ?ってのもあるんだけど。

フフン、って鼻で笑われるの目に見えてるんだけど。



あーー。

30秒経過。

せめて彼女がタバコでも吸ってくれたら、もうちょっと間が持つのになぁ。

さっきまで健康の話をしておきながらそんなこと思ってるってのもどうなんだ?と自分にツッコミつつ、オレはまた話題探しの旅に出る。





こんなはずじゃなかった。

合コンを抜け出したときは、笑い疲れるほどの楽しい二人になるはずだった。






お願いだ。

今日だけで

「なんか違うー」

って決定すんなーー!!!!







祈るような気持ちとは裏腹に

「高校のときって電車通学??」

などと広げにくい話題を口にしてしまい、オレはひとり汗だくになる。



嗚呼、それが青春w









2007/08/13 (Mon) 今宵、思う。茅ヶ崎より。
20070812215011.jpg









いつも始まりは終わりに向かっていく。

後悔なんて、腐るほどしてきたけど

何かしでかした後悔よりも、やらなかった後悔のほうが多いけど

やっぱ、そんなん、したくねーから

一日を楽しく過ごさねえと、損なんだ。オレん中ではさ。

だってさ、ほら、また今日が終わろうとしてんだよ?








今日ってのはさ、ずっーっと続いているひと続きの人生のさきっぽなんだ。

当たり前だっつーはなしだけど

この先何があるかなんて、分からないからね。

さきっぽの残り、どこまであんのか分からないからね。

そんな事、どうでもいいんだけど、ま、あれよ。

この蒸し暑い夜。

どのくらいの人達が、どんな想いを抱えているんだろ、って。

今日っていう、さきっぽの先に何を見てるんだろ、って。

ふと、そんな想いに馳せられた、こんな夜。

立ち止まっても続いていくんだよ。






一度きりの人生、好きなもん食って、好きな人とエッチして

出来るだけ笑って生きていきてーよな。

だから何があろうと、ジョンレノンもぶったまげるぐれーのオレのイマジンをふんだんに使うのさ。

ドライブスルーを、スルーするぐれーの勢いでイメージすんのさ。

夏祭りで買ったヒヨコをチャボに成長させるぐれーの気合でイメージすんのさ。




オレは思う。

一点の曇りもなく、思う。

人生なんて自分次第でどうにかなんだろ、って。


だから

希望だけは、何時も忘れずにいるんだ。









なにげに気持ち入ってますw




今日このバカ暑かった一日が、また終わろうとしている。

明日も、なんとか頑張ろうぜー☆







2007/08/11 (Sat) 夏休み突入!!
20070811203842.jpg

やっぱ白浜は水がキレイ!!





いやあ、涼しくなりましたね

風邪なんかひいてませんか

朝晩なんかめっきり寒いくらいですもんね

今日の朝なんかもう




汗みどろ・・・・



汗だっらだら、の、だらっだらっ

なんかこぼした??

ってくらいヌルヌルびしゃびしゃのキャンプ場の朝

あじいよ、バカ・・・






イエイ!!!!夏休み突入!!!!

昨日、急遽、伊豆参戦が決まって

出張から帰ってきて、夜中に伊豆にゴーしました。



20070811203856.jpg


↑↑↑朝、6時前っす

なんか写真、爽やかさ漂ってんじゃね??

高原の爽やかさ気取ってねえ??

いやいや、とんでもね

朝っぱらから暑いなんてもんじゃねえ


熱いーーー!!!!


熱いーーー!!!!


りぴーとあふたみぃ

はい、ご一緒に




熱いーぃいぃーーーーーっ!!!!






20070811203907.jpg




つーことで、このキャンプ場は露天風呂などという気が利いたもんがありまして

やっぱこの状況、朝風呂はマストでしょ

ざんしょ??

とりあえず風呂で汗を流して、クーラーギンギンの車に、ぼへみあーーーん!!!!









そんで、海でウォーターリング(ただの水浴び)したあと、午後から新しい車を取りに、白浜を脱出して東京に行った。

はい。やっと車、決まったんで。

なんとこの車、中古なんだけど、まだ走行距離が8000キロ!!

ほとんど走ってねえ。新車同然か!!

修理履歴なし

内装ピッカピカ

37万円でどやっ!!!

探した甲斐があったよ(ディーラーに探してもらったんだけどw

つっても、もう9年前の車なんだけどね

7年前に生産中止になってる上に、エンブレムとかそんなの全部外したから

この車、車種なに??

つーか、どこの車???

てとこがウリです

それ狙ってますw


エンブレムがなんにもなくて、リアウィンドーにアップル(Mac)の白いステッカーが貼ってあったら

それ100パー、オレだからww


08110001.jpg

ホントは紺色がほしかったんだけどねw







2007/08/08 (Wed) バイゆみかおる
20070808202501.jpg






キンチョーの夏♪

日本の夏♪

byゆみかおる





てことで、昨日、江ノ島の花火大会に行ってきました。



先日、友達から「海の家での花火鑑賞券」をもらったんだけど、これね、海の家を「花火を観賞する場所」として開放すんのね。

開放っつっても有料なんだけどさw

友達から聞いたはなしじゃ、テラス席が飲み放題(5名くらい?)でなんと二万五千円!!!!

高っけー!!!!飲みほーだけど高っけーよね!!!!

んで、オレがもらったのは、浜辺の1畳スペース(2名)で五千円の席なんだけどさww





まあ、場所取りしなくていいし、すいてる席でのんびり花火が見られて、飲みたいときに注文できるならいいかなあ・・・ってことで、会社をソッコーであがってチャリこいで行ったのよ

ところが待ち合わせの時間がずれこんじゃって、やっと現場近くについたのが、花火がはじまる7時15分!!


「ああ。花火はじまっちゃうーー!!もったいねー!!!」

と思ってたらさ、なんと強風のため「開始時刻を30分からにします」とのアナウンス。

ヨッシャ、よっしゃーー!!!
と人混みをかきわけ、けちらし、やっとこさっとこ目指す店に到着したさ。




そこで衝撃のひとこと

「砂浜の席もう埋まっちゃいました!!!」


あ”???

お前、今、なんつった???






が、しかし!!!!

「じゃ、テラス席でいいですか???」

だって!!!!!

いいもなにも、許してやるよ、テラス席で。
ったく、しょうがねえなあ、テラス席。
あー、庶民の席に座ってみたかったのにぃー
テラス席かぁー

と、しぶしぶOKした♪

なんと、セレブなブルジョアしか座れない2万5千円のテラス席で花火をみることに。

となりはパリスヒルトン。対面はアンジーとブラピだ。

葉巻をくゆらせ、ゆっくりテラス席に腰かけて海を眺めつつ
ロマネコンティで乾杯していると、ホントーに目の前で花火があがった。

20070808202519.jpg



こんないい条件で花火をみたことがなかったから
友達と二人で大コーフンしてしまった。


となりにいたパリスヒルトンこと浴衣の女のコや、対面のアンジー&ブラピには1ミリも似てないカップルもみんな若い子だったんだけど、あんまり綺麗な花火に、知らない人なのに

「すごいねっ!!」

「キレイーー!!」

「あの花火やばくないですか?」


などと盛り上がってしまった。



花火を見ている人みんなが全く知らない人同士なのに

友達みたいに一緒に盛り上がっていて、みんなで見ていて

「おおーーー!!!!」

と拍手したり感動したり、なぜかすごく団結していたりしてww





花火が終わったあとも、知らない人なのに笑顔で

「気をつけて帰ってくださいねー!!」

ってバイバイした。






今日も、さっきまで外で花火の音が聞こえていた。

会社から帰ってきて家に入ろうとしたら

となりの家のおじいさんと息子が、二階のベランダから花火を見ていた。


キンチョーの夏

日本の夏

byゆみかおる☆






2007/08/05 (Sun) はじめてのハイヒール
08050001.jpg

絵、久しぶりに描いたよーな。なんとなく絵から連想したはなしを、つらつらと・・・









となりのお姉さんが、ある日言った。

「さゆりちゃん。男はみんな、ハイヒールが好きなのよ」





だから、はじめてハイヒールを履いてみた。

マルキューで買った赤いハイヒール。

9センチのハイヒール。

鏡に映った自分を見てうっとりしたわ。

背が高くなって、脚が長くなって、スタイルが良くなって、今までのあたしがウソのよう。

これで、男はみんな、あたしのもの、って思ったの。

うひひひひ、って笑っちゃったわ。

そのくらい、鏡の中のあたしは至上最高にイケてたの。







それから、あたしはどこに行くにもこのハイヒールを履いて行ったの。

いつ、オダジョーみたいなかっこいい男とすれ違ってもトリコにできるように、どんなに足が痛くなっても、我慢して、いつもハイヒールを履いて行ったの。

用なんかなくたって関係ないわ。

ただあたしのハイヒール姿を見せつけたくて毎日出かけたの。

あたしの魅力で男を落とすために、超ミニスカで同じ道を、何回も、何回も行ったりきたりしたわ。

それなのに声をかけてくるのは、おじさんばっかり。

「おいしいもの食べにいこっか」じゃないわよ。

失礼しちゃうわ。

ねえ、オダジョーはどこにいるの???






そしたら、またある日、となりお姉さんが言った。

「さゆりちゃん。もうひとついいこと教えてあげよっか。

男はみんな、レースが大好きなのよ」


そっか!!そーなんだ!!

お姉さん、ありがとう。

ハイヒールとレース。これで、あたしの足元に男どもがひれ伏すのね。

もう、さゆり、これからレースの服にレースの下着しかつけないから!!

















「んだよ!?小学生かよ!!??」

と、オダジョー男がズボンを穿きながらわめいている。


もう世界中の男があたしのトリコになるのも時間の問題ね・・・

と、ラブホテルの天井を見ながらあたしはウットリしていた。











2007/08/02 (Thu) やったね♪
TKY200708010324.gif

母校、夢舞台甲子園へ










「たっちゃーーん、みなみ、感激!!!!!」


「約束だもんな、みなみを甲子園に連れて行くって・・・」


そして達也は

力いっぱいのハグ

そして熱いベーゼ

そして甲子園連れて行く前にどこぞのラブホに連れて行く


全国でそんなドラマが、あぶくのように、

生まれては消え

消えては生まれるこのシーズン







明訓、優勝おめでとーーー!!!!

イエイ!!ブイっ!!!



今年はマジ強ええんじゃね??

甲子園でも期待しちゃっていいんじゃね??

やっぱ春の北信越大会優勝はだてじゃないね!!



あーーー!!!

甲子園行って応援してえーーー!!!

越路の花か~白雪かあ~ って歌いてえーー!!!



明訓?どこよそれ?でもいいから

高校野球?興味ねー、でもいいから

新潟県民じゃなくたっていいから

新潟って字がちゃんと書けなくってもいいから

今、これを見ているあなた!!

一緒に応援しよーじゃありませんか!!!




今回だけは

ちょっとやそっとじゃ、きゃんげっとラヴ

ニトロ注入。

アクセルべた踏み。

新潟明訓の夏はフルスロットルだ!!!!


・・・軽くイってますww








新潟の、高校球児のみなさん、裏かたの高校野球関係者の方々。

中越沖地震のあとの不安の中、すばらしい感動をありがとうございました。

そして、本当におつかれさまでした☆ 

いち高校野球ファンより




【コメント 嬉しい♪楽しい♪大好き♪】

コメントするとタヒチ旅行が当たる!!!    かもよ・・・

【ばついち。だっけなんだや】

FineDays

Author:FineDays
プロフィール写真を変えてみた。
女豹のポーズの写真とどっちにしようか悩んだけどな。
思いきり背中そらせた上目使いのやつ。
でもやっぱ、まだ処女性をアピールしたい年頃じゃん?
「美尻伝説」打ち立てんのはまだ先でいいかなあって。
もうちょい清純派路線つらぬくわ。
でもなそうは言ってもな
アンアンの「SEXで綺麗になれる」特集とか見て来る日に備えてっから☆

【カウンター跳ね上がれ!マッハで♪】

【かてごり】

【激鬱を治癒する物語たち】

【リンク 行ってみれ】

あの娘のもとに                               飛びますっ!飛びますっ! 

このブログをリンクに追加する

【トラバってるかーい!ぃえーい!】

【月別アーカイブ て意味わからん】

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。