--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/18 (Wed) 泳げない魚たち9:収束
またまた、いいかんじで酔ってます。

ってか、かなり酔ってます。

学習しろや!と自分に言いたくなる今日このごろ

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

マエオキはデリートの線で

いってみよっ!!!うりゃあ!!!!








「別れようか」






別れようか・・・

上海に着いた日もそう言った。

あの夜、オレは日本から用意してきた四万元をリナに渡して言った。

「そのカネで「リージェンシー」のオーナーママになるんだったらそれもいいだろう。

その世界で生きていく覚悟があるのならそうすればいい。

でもオレはお前と別れる」


と。

するとリナはうろたえて泣いた。

「ごめんなさい。

許してください。

別れるなんて言わないでほしい」


しゃくりながら中国語と日本語で謝った。

今思えば、オレはただそれを言わせたかっただけだ。

狼狽するリナを見て安心したかっただけだ。

「別れ」を口にしてリナを試した。

日本に帰っている間に幻想でむくむく大きくなった嫉妬心がそうさせた。






「・・・あたしのこと、もう信用できない?」

「そうじゃない」


疑い続けるのも、信用し続けるのも、もう面倒くさくなっただけ。

これからずっとリナを信用し続けることができればどんなにいいかと思う。

どんなに楽かと思う。

でもそう思い続けられるほどオレは鈍感じゃないし、バカじゃない。



「中野さん、怪我したんだよ。

ぱっくりと肉が裂けるのが見えたのよ。

それが真っ赤な血で被われて。

腕から滴る血が床をどんどん黒くして。

それなのにお店の人は中野さんを邪険におもてに放り出して。

だから・・・」



「そんなの、わかってる!」


オレは手にした煙草を叩きつけて大声を出していた。


「だけど、面白くねんだよ。

オレは中野のおっさんなんてどうでもいい。

よその客なんかどうでもいいんだよ。

どうなったってかまいやしない。

おっさんだって酔って暴れれば怪我することがあるかもしれないって、わかってんだろ。

怪我のひとつやふたつ自業自得だろ。

だからお前が心配してやることなんかないんだ。

わかるか?

ただの客にいちいち気安く関わったりするな。

オレに疑われるようなことするな。

オレに嘘をつくな!」



プライドという壁でせき止められていた嫉妬心が鬱屈とともに溢れ出した。

これが本音だ。

周りがどうなろうと知ったことじゃない。

ただオレだけを見てほしい。


それきりリナが口をつぐんでしまったので、それ以上、大きな喧嘩にはならなかった。




それからは、会うたびに最悪の展開になった。

オレは中野のおっさんのことが気になってしょうがなくて、会うたびに根掘り葉掘り聴いた。

リナはうんざりしているだろうに、そのたびにあのときと同じ恐いくらい真面目な顔で

「中野さんとは何もない。ただのお客さんだから」

と繰り返した。

そして最後にはいつも「別れ話」になった。

リナが「ごめんなさい」と浮気を認めてくれたほうがどんなに楽だったか。

それはリナも分かっていたはずだ。

でもリナは、そうはしなかった。




「みんな、一度「別れ」を口にすると、次からは簡単に「別れ」という言葉が口をつくようにナリマス」


リナが日本語で声を震わせて言ったことがあった。

なぜ日本語で言ったのかは分からない。

でもその感覚は中国人も一緒なんだ、と妙に納得した。

確かに、一度「別れ」を口にした恋人同士は、何かあって喧嘩するとすぐに「別れ」を口にするようになる。

きっとアメリカ人もインド人もフランス人も、人間はみんな同じ感覚なんだろうな、と思った。




リナに聴かれたことがある。


「どうして?、どうして中野さんがあの夜、怪我をしたって知っていたの?

どうして中野さんと谷口さんが同じ会社の同僚だって分かったの?

どうして?」



オレは白を切れなくなって、谷口のおっさんのブログのことを話した。

その話はレイカにも伝わり、おっさんのブログは閉鎖してしまった。

レイカとおっさんの二人で撮った写真がブログにたくさんアップされていたことにレイカが激怒したのだ。

ブログの最後の記事には、「レイカの知り合いさん、よくこのブログを見つけることができましたね、御見それしました」と書いてあった。

悪いことをしたなと思う。




もう長いことリナに会っていない。




「お前が浮気してたら死ぬからな!」

最後に会ったときに言った言葉だ。

自分でも笑ってしまう。

脅しにもなっていない。

相当テンパッてたんだなと思う。

でもそれからリナはオレに連絡を取らなくなった。

やっぱりリナは浮気してたんだろうかと思った。




それからオレは機械のように働いた。

機械に成り下がってしまったオレの心臓は、いつもギリギリと、ぜいぜいと、オレを生かしておくためだけに動くただの歯車になってしまった。

停めてもいいですか?

もう動かなくていいですか?

いつもそんなふうに問いかけながら不承不承動いていた。

夜、ベッドでうつぶせになると、そんな心臓の不満そうな軋みが聞こえオレを促した。

もう停めてしまいましょうよ、あっさりと。

生きているのが面倒くさかった。

だけど死ぬのはもっと面倒くさかった。

何もかもが急につまらなくなった。





だからオレは日本人カラオケに行っては毎晩のようにホテルにオンナを連れ込んだ。

妻以外とホテルに泊まるのは中国では犯罪だ。

捕まるとパスポートに「恥」とスタンプで押され一生中国には入国できなくなる。

でももうそんなことはどうでもいいと思っていた。



昨日、久しぶりにリナからメールがきた。

明日、夜、ホテルに会いに来ると。

びっくりした。

あさってはオレが日本に帰る日だった。




突然、リナと会ったころのことを思い出した。

オレがまだ中国語をよく喋れないころ。

リナのアパートに泊まった朝。

そのころ覚えた中国語が「洗濯」「下着」「~だけ」「手伝う」だった。

それをつなげて言ったら

「下着だけ洗ってあげる」

になった。

リナが日本語で言った。

「あなたヘンタイ」

二人で笑い転げた。

あのとき世界が輝き始めた。




泣きたくなった。











TO BE CONTINUE・・・・・・





次回は本当に最終回です





スポンサーサイト

comment

きたー!!
ゴメ…


まだ文章4でない。
今、外なんで、じっくりよっくり読みたいから、今は文章読むのがまん!!!してます。。。

読んだらまたコメンツします!!!

あらびゅ♪(酔っ払い手前さんより)
2006/10/18 02:45 | めみケータイ [ 編集 ]

読みました。。。

なんでこんなにも、かなしい んでしょう。。。

なんで、こんなにも、苦しいんでしょう…


愛し合っていた、二人なのに…
信じあっていたと思う二人なのに…


楽しかった時間は二人だけのものなのに…


そこに…

まやかしがあったのかもしれない……


なんでこんなに悲しいのだろう…

苦しいのだろう…

それは…

本当に…好きだったから…ばかだよ、だまされてるよ!そう言われても…


好きになっちゃったんだもん…(でも自分にの事、ばかだってわかってる


アナタを好きになったから自分が最高にハッピーーーになれたけど…



アナタと同じ私の気持ちで…私と同じ、
好きになってくれたいいのに……



(ごめんなさい…酔ってます…なぜか、手がとまらず、書いてしまいました)
2006/10/18 06:55 | めみ [ 編集 ]

>めみちゃん

詩とは
心からこぼれた
小さな星屑・・・

目からウロコだったんで、覚えています
めみちゃんが前にコメントしてくれた言葉です
今回の、めみちゃんのコメントはまさしく
心からこぼれた小さな星屑・・・ですね☆

ホントに心の芯からそう思ってるな、って伝わりました。
コメントがそのまま一遍の詩のようです。
ステキです。
そしてそんな経験をしてきたんですね。。。

師匠、詩人ですねえ☆

>(ごめんなさい…酔ってます…なぜか、手がとまらず、書いてしまいました)
まじ、やられたわ☆
2006/10/19 01:01 | FineDays [ 編集 ]

恋愛専科高級編、、、エーッ来るの、ホテルに!!。
此処までグチャグチャになってしまったら、、俺だったら何回も言葉で死んでるかも、、、心って死ぬんですよ、、、、、、、、。
言われた言葉も傷付くけど、自分が言った言葉って何時までも自分を責めますよね。
最後は泥沼じゃ無い事を祈りたい気分です。

2006/10/20 00:03 | みっちゃん [ 編集 ]

>みっちゃんさん

心って死ぬんですね!
みっちゃんさん、すげえ!詩人ですね!
でもなんかわかります、それ

>自分が言った言葉って何時までも自分を責めますよね
あーーあるある、そんなのありますよね(もう忘れたいくらいの暴言

>最後は泥沼じゃ無い事を祈りたい気分です
はい私もそうなってほしいと祈っていますw
2006/10/20 02:19 | FineDays [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://chanta40.blog46.fc2.com/tb.php/130-6ca858e8

【コメント 嬉しい♪楽しい♪大好き♪】

コメントするとタヒチ旅行が当たる!!!    かもよ・・・

【ばついち。だっけなんだや】

FineDays

Author:FineDays
プロフィール写真を変えてみた。
女豹のポーズの写真とどっちにしようか悩んだけどな。
思いきり背中そらせた上目使いのやつ。
でもやっぱ、まだ処女性をアピールしたい年頃じゃん?
「美尻伝説」打ち立てんのはまだ先でいいかなあって。
もうちょい清純派路線つらぬくわ。
でもなそうは言ってもな
アンアンの「SEXで綺麗になれる」特集とか見て来る日に備えてっから☆

【カウンター跳ね上がれ!マッハで♪】

【かてごり】

【激鬱を治癒する物語たち】

【リンク 行ってみれ】

あの娘のもとに                               飛びますっ!飛びますっ! 

このブログをリンクに追加する

【トラバってるかーい!ぃえーい!】

【月別アーカイブ て意味わからん】

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。