--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/10 (Thu) あの日、オレはクソだった。
p0203.jpg






カルボラーナとか、スパサラとか、ナポリタンとか、ミートソースとか。

はい。スパゲッティのはなしです。

よっしさんのコメに、衝撃を受けた食べ物でカルボラーナってあって、

ちょっと新潟のスパゲッティ屋を思い出しました。

昨日に続き、食い物の思い出ばなし、第二段です。






高校三年生のとき。

オレはスパゲッティでビックリした思い出がある。

「変わったスパゲッティ屋があるっけ、行これー」

当時、オレが一番オシャレと思っていた同級生がそー言うので、オレは学校の帰りにそいつと一緒にその店へと出かけて行った。

思えば、オレはそいつにいろんなオシャレなものを教えてもらったものだ。

インド料理屋のチャイも、カフェオレボールで飲むカフェオレの店も。

食べ物以外でも、オシャレな映画とか、オシャレな服屋とか、オシャレな雑誌などなど。



さてさて、スパゲッティである。

オシャレな友達に連れられて、オレはいそいそと、そいつが言う「変わったスパゲッティ屋」に向かった。

店は新潟の繁華街からちょっと離れたところにあって、店内はカウンターだけで6,7人しか座れない狭さだ。

おじさんがひとりで切り盛りしてるシックな雰囲気の店だった。

席に着いてメニューを見る。

トマトスパゲッティ、クリームスパゲッティ、あとは忘れたけどメニューが全部で5種類くらいしかない。

ええーーっ!!本当にスパゲッティしかねー店なんだ!!!

ハンバーグとかないんだ??!!

今じゃスパゲッティ専門店なんか珍しくないし、
カウンターでスパゲッティを食べるのもめずらしくない。

でも、あのころのオレにとってそーゆー店は初体験だったんだ。

値段も高かった。

どれも1200円ぐれーした。

どんな立派なもんがでてくるんだろー??

クリームスパゲッティを注文して楽しみに待ってたところ、出てきたのは豪華でもなんでもない、てかむしろ質素なスパゲッティだった。

茹であがったスパゲッティの真ん中に白いクリームソースがかかってるだけ。

さらに食ってみると、スパゲッティがすげー固い。

となりにいる友達が、本場はこーゆー固さなんだと教えてくれた。

そーか、固くて正解!!なのか。

いや、むしろ固くなきゃスパゲッティじゃないのだ!!

あれこれ具は入ってなかったけど、本場という響きにうっとりしていた17歳のオレ。




それからしばらくして、

学校で三者面談があった。

オレと、母と、先生、の三者面談。

その帰り道。

オレは友達に教えてもらった本場のスパゲッティの店へ母を連れて行ってあげよーと思い立ったんだ。

きっとビックリすんぞーー!!

だってメニューがスパゲッティしかねーんだから!!

店に入ると、案の定、母もカウンターしかない店に驚き、メニューが少ないのに驚き、値段が高いのに驚いていた。

オレとまったく同じ反応で嬉しくなる。

うひひ。

やがてスパゲッティが出てきた。

ふたり並んで食べる本場のスパゲッティ。

だけど全然楽しくねえ。

なぜなら、母が蕎麦みたいにズルズル音をたてて食べ始めたからだ。

どーして静かに食べてくれねーんだろー??

ここはオシャレで本場の店なのにぃ。

そう思うとオレはだんだんハラが立ってきたんだ。



ちょっと母を弁護すると、これは20年以上前のことで、今じゃスパゲッティは音を立てて食べないってのが一般的になってるけど、当時は、そんなマナーを知らなくてもそれほど不思議じゃなかったと思うわ。

なのに、ちょっと自分が知ってるっていうだけのことで、

オレはそのとき、母に注意をしたんだ。

てか、叱ったんだ。

本場はスパゲッティをすすって食べちゃダメだって、得意になって言ったんだと思う。



母はしゅんとしていた。

忘れもしない。

他の客もいるというのに、我が子に叱られて、きっと肩身が狭かったに違いない。

そして、ぽつりとこう言ったんだ。


「なんか、すげ、難しいんね・・・・・」


知ったかぶることで人を傷つけちゃいけないんだと、

あの頃のオレはわかっていなかったんだ。



母もこのときのことは覚えていて、今でもときどき二人で思い出して話すことがある。

そしてこの話をするとき、それはもうひとつのエピソードとセットになっている。

長くなるんで、そっちの話はまた今度書きますね。



最後になっちゃったけど、よっしさん、ご出産おめでとー!!!!

ゆっくり休んでくださいね。






スポンサーサイト

comment

お母さんのシュンとした感じ。
想像するとせつまい…

あたしも今は大人になってきて、ママには色々と若い時に酷いこと沢山言ってきたから、今は傷つけないようにとか、乱暴な事言わないようにとか、色々考える。
親が悲しいと自分も悲しいってのがなんか凄い分かってしまう年頃で、なんか複雑で、子供だけど大人で、やっぱ母は偉大で、痛みが分かるようになってくると、ちいちゃいことも凄くズキンってするから余計気をつけてしまって、ってうーん、良くわからないけど、とにかく、
もう一つのエピソード楽しみにしてますw

この場をお借りして…


よっしさん!!
ご出産されたですか!!
おめでとうございます!!m(__)m☆

2008/01/11 00:49 | めみ [ 編集 ]

カルボナーラは皆ビックリ@@したんだね?!私は高校生の時に食べたかなり厚いパンのフレンチトースト!それにシナモンがかかっているだけでおしゃれな気がしました。
この時は少し反抗期もあったんではないですか??それでも一緒におしゃれなお店に入って食べただけでも偉いと思いますよ。
2008/01/11 16:25 | きょん [ 編集 ]

当時のFineさんの気持ちすごいよくわかりますね☆
でも今はFineママさんの気持ちもわかりますね。
しょっぱい想い出…☆

あー…カルボナーラ食べたい…古町のフロリダの☆

このばを借りて…

めみさん☆ありがとうございます☆☆☆
2008/01/11 22:19 | よっし [ 編集 ]

子供の頃は悪意はなく傷付けてしまう事ってあるよね・・・

お母さんのションボリした姿・・・
切なくなりますね。

親に何かをしてしまった時、傷付いた顔を見た時・・・
「あぁ、親にこんな事言っちゃいけないんだ!」とか「こんな事しちゃいけない!!」って、思った事が何度もあります。

でも、美味しいお洒落なお店にお母さんを連れて行ってあげたいと思った高校生のFineさん!!
優しいですね♪

話の続き・・・
早く聞きたいです☆
2008/01/12 01:23 | まりもンgo〜♪ [ 編集 ]

>めみさん

今、思い出しても悪いことしたなって思います
きっともっとたくさん知らず知らずのうちに傷つけてるんだろーけどね
覚えてるヤツの10倍くらいありそう

だからその分、今は優しくしよーと思います
その分のお返しじゃないけど。
それに、母は喜んだ顔を見ると嬉しくなるしね☆






>きょんさん

シナモンがかかったフレンチトーストって相当オシャレですねー
オレが高校生のころは見たこともねーですよ

このころ反抗期は終ってましたよ
多分自分の反抗期は高校1年生のときかなあ。。。






>よっしさん

はい。確かにしょっぺー思い出ですw
なんか失敗したときに
「しょっぺー」
って言うの新潟だけらしーですよww

フロリダ知ってますよ♪
フロリダなのにイタリア(?)の国旗のとこww







>まりもンgo〜♪ さん

うん。きっと言った瞬間は「困らせてやろう」とか悪意はないんだろーけど、言った後ですぐ後悔した。

まあ、だからよく覚えてるんだけどw

でもみんなそー思いながらオトナになるんでしょーね
そーゆーことがあったからこそ今親孝行できるよーな気もします。
2008/01/15 00:12 | FineDays [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://chanta40.blog46.fc2.com/tb.php/282-099ab05e

【コメント 嬉しい♪楽しい♪大好き♪】

コメントするとタヒチ旅行が当たる!!!    かもよ・・・

【ばついち。だっけなんだや】

FineDays

Author:FineDays
プロフィール写真を変えてみた。
女豹のポーズの写真とどっちにしようか悩んだけどな。
思いきり背中そらせた上目使いのやつ。
でもやっぱ、まだ処女性をアピールしたい年頃じゃん?
「美尻伝説」打ち立てんのはまだ先でいいかなあって。
もうちょい清純派路線つらぬくわ。
でもなそうは言ってもな
アンアンの「SEXで綺麗になれる」特集とか見て来る日に備えてっから☆

【カウンター跳ね上がれ!マッハで♪】

【かてごり】

【激鬱を治癒する物語たち】

【リンク 行ってみれ】

あの娘のもとに                               飛びますっ!飛びますっ! 

このブログをリンクに追加する

【トラバってるかーい!ぃえーい!】

【月別アーカイブ て意味わからん】

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。